機能性分子システム創製

設置場所:共同研究棟A棟202

機器センター 長協力研究 

機器センター以外の分子研施設利用を実施する際に、機器センター機器(所内専用機器を含む)を補助的に利用するための区分。

機器センター準備室
機器センター設備をご利用時、試料調整や準備にご利用いただけます。

(基本的には、測定可能な状態での試料持ち込みを推奨します。)

利用可能機器
一例として:真空型グローブボックス (UNICO/UN-12L)
 ・ガス循環精製装置・自動内圧調整器・酸素濃度計・露点計付き
 ・寸法(mm):メインボックス1200×650×600、パスボックス250×250×350 
 ・ガス循環精製装置運転時(アルゴン雰囲気):酸素濃度1ppm以下、露点-76℃
支援形態/料金
大学官公庁
協力研究要相談成果公開
施設利用なし
技術代行
民間
施設利用 なし
技術代行
所内施設利用なし
民間施設利用なし成果非公開
技術代行

■担当

横山利彦センター長[ yokoyama@ims.ac.jp ]
0564-55-7345