down
up

[ 事業目的 ]

MONO × NANO2.0では
最先端の設備機器の利用を促進し、
研究データを蓄積して
提供可能となりました。

この事業では、最先端の設備機器を利用できるとともに、高度な専門知識を持った技術職員によるサポートが受けられます。さらに、各研究で得られた成果ををデータベース化を図り、全国の研究者が活用できる環境を整えます。

日本の研究を
世界の最先端へ。

down
up

[ 支援内容 ]

所有する設備機器で
研究を積極的に支援。

分子科学研究所が所有する約40の設備機器のほか、全国の設備機器も使うことができます。豊富な知識と経験を持った技術職員が、あらゆる分野の研究に対する支援を行い、大学や企業の研究開発の促進に大きな役割を果たしていきます。

最先端の設備機器の利用と
技術支援

down
up

[ 利用方法 ]

設備機器を利用するまでの
手続きは難しくありません。
各装置担当者に相談を。

どのような試料を見るかによって、利用できる設備機器が異なります。分子科学研究所の各装置担当者に問い合わせて相談してください。あとは申請書を提出して審査を受ければ、全国の設備機器を利用することができます。

高度な設備機器が簡単な
手続きで。

詳しくはコチラ