利用の流れ

支援別申請へ

試料が測定できるかどうか、事前に確認してください。申請後は審査を行い、利用の可否を判断します。可能であった場合は、設備が利用でき、成果報告書を提出します。

1

事前確認

希望する試料が実験・測定が可能かどうか、
支援担当者にお問い合わせください。

下向き矢印
2

申請

可能である場合は、申請書等を作成し、
実施機関の窓口にお申し込みください。

下向き矢印
3

審査

申請内容をもとに、本事業での適用の可否を審査します。

下向き矢印
4

設備利用

本事業での適用が可能と判断された後、手続きを行い、
申請内容に基づいて施設を利用します。

下向き矢印
5

報告

利用後、利用者には成果報告書を提出していただきます。

下向き矢印
6

成果公開

成果については、学会や論文、特許出願として公表していただきます。

下向き矢印
6

成果非公開

利用については、非公開受入可能装置に限る。料金は、各装置詳細ページで表示。

※ 成果公開の猶予について/特許申請等の理由で利用者が公開の延期を希望する場合は、成果の公開を最大2年間延期できます。

支援別申請

下記の支援に該当される方は、それぞれ申請方法をご確認ください。