電子スピン共鳴

設置場所:共同研究棟A棟101

設備一覧に戻る

Bruker社製E580

メーカー Bruker
型式 E580
導入年度 令和4年度

電子スピン共鳴(ESR)は、不対電子を直接観測する分光法です。ラジカル分子や遷移金属イオンなどの電子状態や電子軌道・化学反応・分子構造・光励起状態を調べることが出来ます。通常の測定法である定常法に加えて、パルス法では電子スピンの緩和時間を調べることも出来ます。申請の際は、実施計画に利用希望装置を明記下さい。 Bruker社製E580では、通常のX-bandCW-ESR以外にも、パルス測定が可能です。パルス測定を希望される方は、事前に担当者までお問い合わせ下さい。

主な仕様

Freqency X-band(9.4 GHz)
Magnet -50 G〜1.45 T
Temperature CW用:(ESR900)3.8〜300 K
パルス用:(CF935)5〜300 K
Resonator CW用:High Sensitivity(ER 4122SHQ)
パルス用:ER4118X-MD5W
Option Teslameter, Goniometer
マシンタイム調整
毎月マシンタイム調整にて、翌月の予約を調整しています。当月1日より、空いているマシンタイムは随時予約可能です。

支援形態/料金

大学官公庁 協力研究 成果公開
施設利用 無料
技術代行
民間 施設利用 4000円/時間

+寒剤 2500円/時間(He)
+寒剤 500円/時間(窒素)

技術代行
所内 施設利用 無料
民間 施設利用 7900円/時間

+寒剤 5000円/時間(He)
+寒剤 1000円/時間(窒素)

成果非公開
技術代行

■担当

横山利彦センター長
中村敏和チームリーダー
浅田瑞枝技術員
藤原基靖主任技術員
宮島瑞樹技術員
伊木志成子特任専門員
代表[ esr@ims.ac.jp ]
0564-55-7476(藤原)