分光

設置場所:共同研究棟A棟002

設備一覧に戻る

絶対PL量子収率測定装置

メーカー HAMAMATSU
型式 Quantaurus-QY C11347-01
導入年度 平成22年度

物質に光を照射し励起された電子が基底状態に戻る際に発光する光を観測することで、発光材料の絶対発光量子収率を測定する装置である。PL量子収率とは、吸収した光のフォトン数に対して分子から放出される発光フォトン数の割合で、発光の効率を表す。

主な仕様

PL波長範囲 300 nm ~ 950 nm
光源部 150 W Xeランプ
250 nm ~ 850 nm
FWHM 10 nm以下
検出器 マルチチャンネル分光器
200 nm ~ 950 nm
波長分解能 < 2 nm, 1024 ch,
AD分解能 16 bit,
素子冷却温度 -15 ℃
積分球 3.3型(inch)

支援形態/料金

大学官公庁 協力研究 成果公開
施設利用 無料
技術代行
民間 施設利用 1000円/時間
技術代行
所内 施設利用 無料
民間 施設利用 1900円/時間 成果非公開
技術代行

■担当

横山利彦センター長
上田正技術員[ ueda@ims.ac.jp ]
0564-55-7226(上田)